ロボット教室ならヒューマンアカデミーを選ぶべき7つの理由

ロボット教室ならヒューマンアカデミーを選ぶべき7つの理由

子どもをロボット教室に通わせるなら、迷うことなくヒューマンアカデミーで決まりです。

その理由について説明していきます。

ロボット教室ならヒューマンアカデミーを選ぶべき7つの理由

教室がたくさんあるから選び放題

ヒューマンアカデミーのロボット教室は全国で1,200教室も展開している日本一のロボット教室です。

家から通える場所に、複数ある可能性が高いため、体験教室の際に先生や教室の雰囲気が合わないと感じたら、別の教室で再度体験し直すことができます。

教室同士が切磋琢磨するので質が高い

教室数が多いということは、必然的に他の教室同士が切磋琢磨することになり、また、様々なノウハウが集まりやすいため、全体として質が高くなる傾向があります。

これは、教室数の少ない他のロボット教室では起こりえない現象です。

世界的ロボットクリエイター監修のオリジナルロボットが創造力を高める

ヒューマンアカデミーロボット教室で使用するロボットは、キロボやロビで有名な世界を代表するロボットクリエイターの高橋智隆氏が監修したオリジナルロボットです。

子どものオリジナリティを沸き立つ設計となっているため、ロボット作りを通して創造力が豊かになります。

初期費用も月謝もリーズナブル

そんな素晴らしいロボットにもかかわらず、他のロボット教室よりも初期費用は抑えめ。なおかつ月謝も1万円以下となっており、非常にコストパフォマンスが高いロボット教室でもあります。

東京で有名なロボット教室である「クレファス」の場合、初期費用が10万円ほど、月謝は2万円ほど、途中で度々追加費用が発生します。

ヒューマンアカデミーなら全て半分で済みます。(初期費用5万円、月謝は1万円)

学期途中からの入会OK

他のロボット教室は、4月入会3月修了でカリキュラムが組まれていますが、ヒューマンアカデミーロボット教室は違います。

あくまで入学月を初月として、決められた期間しっかりレッスンが受けられるのです。

なので、他の子に遅れをとったり、進級時についていけなくなるといった心配がありません。

また、他の子より成長著しい場合は、カリキュラム修了前に進級することも可能です。

子どもの成長・スキルに合わせてしっかりカリキュラムを提供してくれます。

子どもの年齢・スキルに合わせてコースが選べる

ヒューマンアカデミーロボット教室は、全部で5つのコースが用意されています。

園児向けのプライマリーコース。

小学校低学年向けのベーシックコース。

小学校中学年向けのミドルコース。

ミドルコースを12ヶ月以上受講した小学生向けのアドバンスプログラミングコース。

アドバンスプログラミングコース修了生もしくは中学生向けのロボティクスプロフェッサーコース。

他のロボット教室のように、年齢だけを基準としてクラスが決められたり、スキルがあっても下のクラスに入会させられるといった、ジレンマが起きません。

先項でも書きましたが、能力次第でカリキュラム未修了でも進級することもできます。

また、授業についていけない子向けで補講を開いてくれる教室もありますよ。

最悪の場合、飽きたらロボットが売れる

どれだけ内容がよくても、子どもが興味を持たなければどうしようもありません。「楽しかったのは最初だけ」こういうことも稀にあるでしょう。

そんなとき、他のロボット教室であれば購入したロボットはただのゴミと化しますが、ヒューマンアカデミーのロボットはめちゃくちゃ人気があるので、メルカリなどで売ることができます。

綺麗な状態で、部品ロスもなく、それまで受けてきたテキストも付ければ2万円以上になることも。

入会金までは返ってきませんが、大きな出費でもあるロボット代のほとんどが返ってくると思えば、気持ち的にかなり楽だと思います。

これもヒューマンアカデミーロボット教室ならではの裏技だったりします。

ロボット教室ならヒューマンアカデミーで決まり

以上7つの理由により、ロボット教室を選ぶならヒューマンアカデミーで決まりなのは言うまでもないでしょう。

少しでも気になった方は、今すぐ体験教室に行ってみましょう。

いつでも無料で開催されていますので、気軽に参加できますよ。

もし気に入らなければ入会しなくても全然問題ありません。ヒューマンアカデミーのロボット教室はしつこい勧誘が一切ないと評判も高いです。

あとになって「あのとき体験教室だけでも行かせてれば何か違ってたのかな…」となる前に、今すぐスマホで近くの教室を調べて、体験教室を申し込んじゃいましょう。

近くの教室を探す