上から目線の後輩にイラっとした話

私には、持論があります。それは、昭和生まれと平成生まれには、埋めようのない溝があるということです。特に仕事現場において、その差は歴然としています。
昭和生まれの私にとって、仕事は自ら動いて覚えるものだったし、先輩が何かしていたら積極的に「手伝うことはありませんか?」と聞いていました。先輩が忙しくて仕事を教えてもらえない時も、先輩のそばで仕事を目で見て覚えてきました。
ですが、最近の若い子にはそのような傾向が全くみられません。基本的には、指示待ち傾向が強いです。何か指示されるまでは全く動きませんし、指示されたことしかやりません。初めは若いから仕方ないのかなと思っていましたが、若いと言っても平成の初めの方に生まれた人はもうアラサーです。偏見かもしれませんが、このような勤務態度の違いが現れるのはちょうど昭和生まれと平成生まれが境目だと思っています。
平成生まれの子で、指示待ちしかできなくてもまだましな場合があります。自分が指示待ちしかできないことを理解している人です。そのようば場合は、指示がない間、どこか申し訳なさそうな顔をして所在なさげに過ごしています。こちらが「何もすることなかったら声をかけてね。」というと、「忙しそうだから声をかけてはいけないと思っていました。」という子も多いです。「大丈夫だから、次から声をかけて。」というと、このタイプのこはどんどん声をかけてくるようになり、いつの間にか自分で仕事を見つけることができるようになります。
一番やっかいなのは、支持を先輩が与えるのが当然と思っているタイプです。このタイプの人は、指示がなくて自分が手持無沙汰なことに怒りを覚えるようです。「先輩が何も言ってくれないから新人なのに何もわからない。」「教えてくれない方が悪い。」という態度です。そのうえ、仕事がないことをラッキーと思っている人もいます。みんなが仕事をしているのにさっさと帰るので、「どうして帰るの?」と聞くと、「自分の仕事ではないので。」と平気で言います。自分の仕事も何もないような新人の時からこのような態度です。多くの上司が最近の若い子のこのような言動に辟易していますが実際には注意ができないのが現状です。なぜなら、少しでもこのような若い子を注意するとすぐにパワハラだと訴えられてしまうからです。それを恐れて、先輩も上司もおかしいと感じながらも泣き寝入りをしています。
このような職場環境のため、当然後輩たちは図に乗っていきます。自分達が会社のために働いてあげているんだというような態度になる人も少なくありません。
私の直接の後輩もこのようなタイプです。楽な仕事しか選ばないくせに自分が一番仕事ができていると勘違いしています。面倒な仕事や難しい仕事は先輩や同僚に押し付けておきながら、その仕事で四苦八苦している人たちを小ばかにした目で見ています。
私は、昨年まで正社員として働いていましたが、出産をして一度退職。その後、人手不足ということでパート社員として復帰をしています。パートとはいえ長年この会社で働いてきたので、みんなそれなりに敬意を表してくれています。ですが、この後輩だけは違います。私がパートというだけでかなりし下にみてくるのでイライラすることばかりです。先日も、会社で終業後に研修会があった時のことです。私はパートなので参加しませんが、正社員は全員参加の研修会です。私の部署が会場になっていたため、みんな遅刻が許されない状況でした。私は、普段から子育てがあるため、就業後はさっさと帰宅していたのですが、その日はけんしゅうもあるため、なるべく他の社員ともおしゃべりせずに帰ろうと思っていました。すると、後輩が私の方に来て、「今日は、みんないそいでいるから、終わったらさっさと帰ってね。」と言ってきたのです。8歳も年下の後輩にため口でしかも生意気なことをいわれて驚きで呆れてしまいました。「それは、だれか上司がそう言っていたの?」と聞くと、「そうじゃないけど、今日はみんな急いでいるから。」と。何様のつもりなんだろうと本当にびっくりしました。他にも、何か頼むことがあっても「やっといて」とまわしてきたり、「今日は、休みかと思った。あなたのシフト把握していないし。」など、わざと私を怒らせるような言動ばかりしてきます。
それでいて、まわりからは、「後輩ちゃんに懐かれているね。」などと言われるので、もしかしたら向こうは親しみを込めて私に接しているつもりなのかもしれません。
世代の違いと言われてしまえばそれまでなのかもしれません。逆に向こうからみたら私の方が古臭くてつきあいきれないと思っている場面もあるのかもしれません。それでも、社会人としての常識が、こんなちょっとの世代の差で変わるものなのかと不思議でなりません。平成と昭和の間に何があったのか、本気で調べてみたら面白いんじゃないかなと思っています。

仮性包茎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です