ウイスキーの魅力と楽しみ方

ウイスキーはシブい大人のイメージがあり、ハードルの高いお酒だと思っている人も多いと思います。今回は、ウイスキー初心者の方でもお手軽に楽しめるウイスキーの飲み方や割り方、基本的な知識などをご紹介します。ぜひ、自宅などで試してみてウィスキーの魅力を発見してください。
ウィスキーとは
スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本の5カ国が世界的なウイスキー生産国として知られており、「5大ウイスキー」と呼ばれています。 国によって原料や製法、熟年年数などが定められていますが、一般には「穀類を原料とし、糖化、発酵のあとに蒸留をおこない、木製の樽で貯蔵熟成させてできたお酒」と定義されています。ウイスキーにはたくさんの種類がありますが、それぞれ異なった特徴を持っており、本来の味を活かした飲み方があるんです。飲み方によってアルコール度数が調整できるから、自分好みのスタイルで楽しむこともできます。ウイスキーは水を加えることによって、温度はもちろん味や香りも全く異なるものになります。
また、ソーダやジュースなど、お好みの飲み物でも割ることができるので、無限に楽しめることができるのもウイスキーの魅力のひとつであります。
ウィスキーは長持ちするお酒
ウィスキーは非常に長持ちするお酒です。早めに飲み切るに越した事はありませんが、開封しても数年くらいは持ちます。あまり多く飲まない方でも、数年かけてゆっくり、飲みたい時に飲んでいいのです。なお、保管に際しては日光の当たらない、涼しい場所に保管して下さい。お酒は紫外線に弱いものなのです。そして、ウィスキーは開栓当初から徐々に味が変わってきます。アルコールの揮発によるものもあるでしょうが、味がこなれてくると言われます。初めは口当たりが強いと思う物でも、徐々にマイルドになり、やがてとてもおいしいと思う瞬間が来る事もあります。一度飲んでおいしいと思えなくても、しばらくしてからまた試してみましょう。
分量について
実際にウィスキーを店で注文した際に、店員さんから「シングルですか?ダブルですか?」と聞かれます。これはウィスキーの分量を確認しているのです。作り方でシングルと呼ばれる量は30ml、ダブルはその倍で60mlが基本の分量となります。計測の方法は、正確に軽量カップではかる方法もありますが、グラスに指をあててはかる簡便法もよく使われています。普通のタンブラー(240mlくらい)では、おおよそ底から指1本分でシングル、指2本分でダブルの量になります。
ウィスキーの飲み方
それでは、ウイスキーの飲み方についてご紹介します。みなさんも好みの飲み方をみつけ、ウイスキーの虜になってください。
トワイスアップ
そんな複雑な香りと味を理解するには、トワイスアップという飲み方が最適です。これはウィスキーと常温の水を1:1で割るだけ。氷は入れません。こうすると濃厚なウィスキーの成分が優しくマイルドになり、分かりやすい味わいになります。香りも立ち昇りやすくなります。
オンザロック
オンザロックという飲み方も一つの方法です。グラスに氷を入れてウィスキーを注ぐだけ。こうすると冷たく飲みやすくなります。少し時間を置けば、段々と氷が溶け出し、マイルドになっていきます。時の変化を楽しむ事もできるでしょう。
チェイサー
もちろん飲み方は人それぞれの嗜好があります。こうしなければならないという決まりはありません。ただ、ストレートやロックで飲むならチェイサーを添えると良いでしょう。これは主に水ですが、度数の強いお酒の後に水を飲む事で、舌のヒリヒリを抑え、アルコールで麻痺しがちな味覚をリセットしてくれます。
水割り
食事中やゆっくりくつろぐ時間のおともにぴったりなのがウイスキーの水割りです。基本的な割合は、ウイスキー1に対してミネラルウオーターが2~2.5と言われています。水がウイスキーの個性をやわらかく包んでくれるので、飲みやすいです。
ハイボール
既に大衆的となっているハイボールはウイスキー本来の味わいとコクが際立つので、お料理の味も引き立ててくれる飲み方です。ウイスキーとソーダの割合は1:3がおすすめです。あまりと混ぜると、せっかくのキリッとした口当たりが損なわれてしまいますので、気をつけましょう。ソーダ水以外にもジンジャエールやコーラといった炭酸ガスが入った飲み物で作ってもおいしく楽しめます。
ホットウィスキー
80℃前後のお湯をウイスキーの倍ぐらい注げば、ホットウイスキーの完成です。グラスはあらかじめ、お湯であたためてからウイスキーを注ぐようにしてください。また、レモンなどの柑橘類との相性も良いのでトッピングも多く、いろいろな楽しみ方で飲めるから、疲れたときは甘さを増してゆっくりと飲むのもおすすめです。
ホットウィスキーカウ
ホットミルクでウイスキーを割った、優しい味わいのカクテルです。本来はラムでつくるホット・バタード・ラム・カウをアレンジしたもので、あっさりとウイスキーが味わえます。
グラスに温めた牛乳と砂糖を注いで、溶かします。 砂糖が溶けたらウイスキーを注いで、軽く混ぜれば完成。お好みでクローブやシナモンをトッピングしてください。
カウボーイ(牛乳割り)
アイルランドやスコットランドで昔から親しまれ、飲まれてきたお酒のひとつである牛乳割りは、カウボーイと呼ばれています。従来の「カウボーイ」はバーボンウイスキーと生クリームのカクテルで、まろやかな風味が人気の割り方です。
ミルクのやさしくてなめらかな口当たりと、ウイスキーの風味のバランスが抜群で、思わずたくさん飲んでしまうから要注意。ウイスキーの量を調整しながら、お好みの濃さを見つけてください。
アイリッシュコーヒー
1940年代後半に、アイルランド西海岸にあるシャノン空港のレストラン・バーのチーフバーテンダー、ジョー・シェリダンが考案したアイリッシュ・コーヒー。名前の通り、ウイスキーはアイリッシュウイスキーを使います。
名前は変わってしまいますが、ほかのウイスキーでもおいしく作ることができます。スコッチを使って作ればゲーリックコーヒーに変貌します。
作り方は意外と簡単で、温めたワイングラスに砂糖を入れて、熱いコーヒーを注ぎ、ウイスキーを入れたら、仕上げに生クリームをフロートするだけです。
メープルシロップ割り
ウイスキーとメープルシロップを3:1の割合であわせたメープルシロップ割りです。メープルの甘さのバランスが良く、さっくりと飲めます。暑い日は氷を入れたグラスでロックに。寒い日にはホットウイスキーにすれば、体の芯まで温まる一杯になります。 レモンを加えるとより香りが豊かになるのでオススメです。
どんなお酒でも酔い過ぎは禁物ですが、ウィスキーは特に穏やかに酔いが回ります。とても気持ち良い気分になりますが、それだけにぐいぐいとやりたくなってしまいます。一人の時は誰も止める人がいませんので、十分注意しましょう。
ウィスキーの楽しみ方は人により千差万別です。気に入った一本をひたすら飲み続ける。いろんな種類を飲み比べて違いを楽しむ。そして、飲み方には人それぞれのスタイルがあり、絶対にこうでなければならない、という決まりはありません。まずは一杯飲んでみましょう。気づけばあなたもウィスキーの魅力の酔いしれることになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です